キャッシング比較

キャッシング会社の比較ポイント

ある調査によると、キャッシングを利用したことのある方のうち、キャッシング会社の比較・検討を行った方は、全体の40%にとどまっているという結果が出ています。意外と少ない感じがしますが、みなさんはどうでしょうか。

 

「急いでいるあまり、とにかく目のついた先に申し込んだ」

このような方も意外と多いのではないでしょうか。

 

キャッシングを取り扱っている金融機関は、本当に様々あります。金利、借入スピード、借入限度額などの条件をよく比較しながら選択しないと、思いもかけない失敗を招くこともあります。まずはキャッシング会社を選択する場合のポイントを押さえて、自分の状況などに最適な先を選ぶようにしましょう。

 

金利

キャッシングを利用する場合、一番気になるのが「金利」ではないでしょうか。できるだけ返済負担を少なくしたいと考えるならば、低金利のキャッシングは外すことのできないポイントでしょう。

 

全体的にいえば「銀行系キャッシングは低金利」「消費者金融系キャッシングは高金利」といわれています。たしかにその通りなのですが、キャッシングの適用金利は利用者によって異なりますので注意しておきましょう。条件次第では、消費者金融系キャッシングでも十分低金利で利用することは可能です。

 

ただし初めてキャッシングを利用される場合には、適用される金利は商品の「最上限金利」に近い設定となります。この点を考慮すれば、やはり銀行系キャッシングが第一候補となるでしょう。ただし消費者金融系キャッシングでは、次に挙げるポイントについても比較することを覚えておきましょう。

 

無利息期間

それが「無利息キャッシング」と呼ばれるサービスです。消費者金融では、多くの先が一定期間無利息で融資を行うサービスを展開しています。しかもその大半が「初回利用者」という条件を付与しています。

 

つまり初めてキャッシングを利用される方で、一定期間で返済できる見通しがあるのであれば無利息キャッシングを扱う消費者金融を利用することで、利息の負担が無くなることを覚えておくようにしましょう。

 

無利息期間は、キャッシング会社や商品内容により異なっています。自分の都合に応じた、つまり自分が返済できる期間の無利息サービスを取り扱っている先を選択するようにしましょう。

 

スピード

キャッシングを利用する場合には、必ず「いつまでに借入しなければいけないのか」を考えておくことも大切です。借入するとしても、自分の必要日時までに間に合わなければ意味がありません。余裕がある場合、どうしても早急に借りなければいけない場合、などによってもキャッシング会社を選択する必要があります。

 

全体的には「銀行系キャッシングは時間がかかる」「消費者金融系キャッシングは素早い借入が可能」といわれています。

 

消費者金融系のほとんどは「即日融資」に対応していますので、早ければ申込を行ってから1時間程度で契約から借入まで完了させることもできるでしょう。

 

ただし最近では銀行の審査スピードも向上しており、低金利と合わせて素早い借入が可能な先も人気を集めています。

 

審査基準

いくら低金利で素早い借入が可能なキャッシングでも、審査に合格しなければ利用することはできません。全体的にこのようなキャッシングは審査基準が厳しい傾向にありますので、返済能力に乏しい方は不合格となる可能性も高いでしょう。

 

審査に合格するためには、自らの返済能力を正しく判断し、無理のない申込を行うことが大切です。

 

収入や他社の借入状況に問題ないと自信があるならば、低金利のキャッシングを申し込むチャンスといえます。逆にあまり自信がないのに低金利のキャッシングを申し込んでも、まず審査には合格できません。「どうしても借りたい」と考えるならば、金利面には目をつぶる必要も出てくるでしょう。

 

このようにキャッシング会社を比較する場合には、自分の状況と会社や商品の特質を比較しながら選らんでいくことが求められるということです。