キャッシング比較

キャッシング金利の比較

「キャッシングでお金を借りるなら、できるだけ低金利で!!」

 

誰もがこのように思われるのではないでしょうか。法律の整備や規制の強化により、以前に比べるとはるかに金利面で安心して利用できるようになっているのが、現在のキャッシングです。それでもキャッシングの金利には各社で差があるのが実情ですので、多くの情報を入手して比較・検討するようにしましょう。

 

キャッシング金利の最上限金利と最下限金利

キャッシングの金利は一定の幅があることをご存じでしょうか。

 

例えば商品案内などには「実質年利4.5%~18.0%」という表示がされていることに気づくのではないでしょうか。この場合「4.5%」が最下限金利、「18.0%」が最上限金利となります。

 

キャッシングの金利は利用者により異なり、申込後の審査により決定されます。

利用者の返済能力に対するリスクが低いと判断されると、適用金利は低く設定されます。より低い金利でたくさん借りてもらおうというわけです。逆に返済能力に対するリスクが高いと判断されると、適用金利は高く設定されます。返済不能に対するリスクを金利面でカバーする必要があるためです。

 

とくに初めて自社のキャッシングを利用されるという方は、最上限金利に近い金利設定となる傾向があります。信用力の判断材料である「利用実績」がありませんので、まずは金利を高くして様子をみようというわけです。その後利用実績に問題ないと判断されると、借入限度額が引き下げられると同時に適用金利も引き下げられるようになります。

 

そこで次の2社の金利を比較した場合、どちらを選択するべきと考えますか?

 

  • A社→実質年利3.0%~18.0%
  • B社→実質年利10.0%~15.0%

 

一見A社が低金利に思えますが、B社が最上限金利が低いので、この場合はB社を選択するべきでしょう。とくにキャッシングを初めて利用するような方は「最上限金利」に注目して金利を比較するようにしましょう。

 

各社の金利比較(平成28年5月末時点)

ここで利用者に人気の高いキャッシングサービスの金利と借入可能金額を比較してみましょう。

 

銀行系キャッシング
  金利 借入可能金額
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 2.49~7.99% 10~1,000万
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(スタンダードコース) 8.99~14.79% 10~300万円
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% 50~800万円
りそなクイックカードローン 12.475% 30~100万円
オン銀行カードローン BIG 3.5~14.0% 30~800万円
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 10~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 4.9~14.5% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 4.6~14.6% 10~500万円
東京スター銀行スターカードローン 4.5~14.6% 10~500万円
じぶん銀行じぶんローン 3.9~17.5% 10~500万円
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円

 

消費者金融系キャッシング
  金利 借入可能金額
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
モビット 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 4.7~18.0% 1~500万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

 

全体的に比較するとやはり「銀行系キャッシング」が「消費者金融系キャッシング」よりも低金利かつ高限度額であることが分かります。ただし審査基準や審査時間など、金利以外でも重要視しなければいけないポイントもよく考えてから申込を行うようにしましょう。