キャッシング比較

キャッシング審査と個人信用情報

キャッシングの審査に大きな影響を与えるのが「個人信用情報」です。

 

「個人信用情報」に問題があると判断されると、まず審査には合格できません。

 

ところが個人信用情報については、名称は知っているものの、具体的にはどのようなものなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

個人信用情報とは?

  • クレジットカードで商品を購入する
  • ショッピングローンを組んで商品を購入する
  • クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる
  • 銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りる

 

このような取引を「信用取引」といいます。つまり利用者の「信用」をベースに現金を支払わないで商品を購入したり、お金を借りる取引のことです。信用取引を行う場合には、金融機関は利用者の「信用=支払い能力」があるかどうかを判断する必要があります。その判断材料とするのが「個人信用情報」です。

 

「個人信用情報」とは、「お金に関する履歴書」のようなものです。過去の金銭契約などの実績を記録している情報のことです。

 

例えばローンを契約した場合の、契約内容、返済状況、返済残高などが記録されています。個人信用情報には、主に次のような情報が記録されています。

 

本人を特定するための情報
  • 氏名
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号

 

契約内容に関する情報
  • 会社名
  • 契約の詳細(商品名、支払回数等)
  • 契約日
  • 利用金額等

 

返済状況に関する情報
  • 入金日
  • 入金予定日
  • 残高
  • 完済日
  • 延滞の有無

 

取引事実に関する情報
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約

 

信用情報機関とは?

このような個人信用情報は、信用情報機関が管理しています。
現在日本には、次の3社の信用情報機関が存在しており、日本の金融機関であればこの3社のいづれかに加盟していることになります。

 

  1. 株式会社シー・アイー・シー(CIC)
  2. 主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟しています。

     

  3. 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  4. 主にクレジットカード会社、リース会社、保証会社、金融機関与信部門、貸金業者などが加盟しており、CICと重複する先も多くなっています。

     

  5. 全国銀行個人信用情報センター
  6. その名の通り、主に銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などの金融機関が加盟しています。

 

この3社は「CRIN」と呼ばれる共通システムを採用しており、ある程度の情報を共有していることになります。

 

例えばJICCに加盟している金融業者になんらかのトラブルを起こしている場合、CICにも同様の情報が共有されている可能性があるということになります。

 

共有されている情報には次のようなものがあります。

  • 延滞、債務整理などの事故情報
  • カード紛失や盗難に関する情報
  • 本人からの申告情報(例えば同姓同名の信用情報が誤って記録されているなど)

 

個人信用情報は、金融機関だけでなく個人単位でも信用情報の開示請求を行うことができます。自分の個人信用情報が気になる方は、一度これらの情報機関に問い合わせてみてはどうでしょうか。