キャッシング比較

キャッシング無利息の比較

キャッシングでお金を借りる場合、一番気になるのが金利ではないでしょうか。しかしよく調べてみると「無利息キャッシング」という商品があることに気づきます。ここでは利用者に非常に人気の高い「キャッシングの無利息サービス」について考えてみましょう。

 

キャッシングの無利息サービスとは?

キャッシングの無利息サービスとは、その名の通り利息が0になるサービスのことです。当然無制限に利息0で融資を行っていたのでは、貸金業者の商売が成り立ちません。

 

まず無利息キャッシングのサービスでは、無利息となる期間が制限されています。

例えば「30日間無利息」というサービスでは、30日間は利息0でお金を借りることができることになります。この無利息期間はサービス内容により異なりますので、自分の都合にあった先を選ぶようにしましょう。

 

また多くの無利息サービスは「初回利用者限定」という条件が付与されています。キャッシングの利用者は、一度申込を行ったキャッシングを繰り返して利用する傾向にあります。キャッシングは基本的に、一度審査にさえ合格すれば、借入限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入を行うことができるためです。

 

そこで初回利用分を無利息で提供することで、顧客を獲得しようとするいわゆる「営業戦略」の手段であるサービスといえるでしょう。その他、「メールアドレス登録」などの条件が付与されている先もありますので事前に確認しておくようにしましょう。

 

無利息キャッシングの注意点

無利息キャッシングは、金融機関からお金を借りるのに利息0で利用できるわけですから、これほど便利なサービスはありません。ただしいくつかの注意点を覚えておかなければ、思いもかけない失敗を招くこともありますので注意しましょう。

 

まずは「無利息開始のタイミング」の問題です。無利息期間が開始されるタイミングは、主に次の2通りがあります。

 

  • 契約日の翌日
  • 初回借入日の翌日

 

問題となるのは前者の「契約日の翌日」から無利息期間が開始されるパターンです。この場合、借入の有無にかかわらず契約日の翌日から無利息期間が経過していきます。そのため契約日から借入まで間が空くと、その分無利息期間が減ってしまうことになります。

 

せっかくの無利息期間を無駄にすることのないように、契約内容はよく確認しておくようにしましょう。

 

無利息期間が経過すると、当然ながら通常の利息が発生します。それどころか一般的には「無利息期間=返済期日」となっていますので、「無利息期間の経過=延滞」となるパターンが多くなります。

 

延滞が発生してしまうと、契約上の延滞利息が日割りで計算されていきます。通常は法律上で定められている上限金利「20.0%」で計算されますので、わずかな遅れが大きな負担となります。

 

また延滞した段階で無利息サービスは無効となり、初回から通常の利息が発生していたとみなされる先もあります。無利息サービスを利用する場合には、必ず無利息期間内に必ず返済できるようにしておきましょう。

 

無利息キャッシングの比較

ここで人気の高い無利息キャッシングのサービスを比較してみましょう。

 

新生銀行カードローン レイク(通常金利4.5%~18.0%)
  • 契約日の翌日から初回のみ30日間無利息→金額上限なし
  • 契約日の翌日から初回のみ180日間無利息→利用限度額200万円以下、借入上限5万円まで
ジャパンネット銀行ネットキャッシング(通常金利2.5%~18.0%)
  • 契約日の翌日から初回のみ30日間無利息
プロミス(通常金利4.5%~17.8%)
  • 初回借入日の翌日から初回のみ30日間無利息
  • メールアドレスの登録、WEB明細の利用が必要になります。
アコム(通常金利4.7%~18.0%)
  • 契約日の翌日から初回のみ30日間無利息
  • 返済日を「35日ごと」に設定する必要があります。
ノーローン(通常金利4.9%~18.0%)
  • 借入日の翌日から7日間何度でも無利息
  • 2回目以降は、完済した月の翌月から利用可能です。