キャッシング比較

キャッシングの審査の仕組み

キャッシングを利用するには、審査に合格しなければいけません。とくに初めてキャッシングを利用する方にとっては、審査そのものに対して不安や疑問を覚える方も多いでしょう。

 

  • 「どのような審査が行われるのだろうか」
  • 「何を基準にして審査結果が評価されるのだろうか」

 

キャッシングの審査については、誰もがこのような不安や疑問を一度は覚えるものです。キャッシングの審査に自信を持って臨むためにも、まずは審査の仕組みについて知るようにしましょう。

 

現在のキャッシング審査はコンピューター判断!!

キャッシングの審査について、次のように考えている方も多いのではないでしょうか。

 

  • 「会議室で話し合いが行われている」
  • 「多くの人間が話し合い結果が判断される」

 

一昔前までは、確かにこのような審査が行われていたのは事実です。しかし現在のキャッシング審査は、主にコンピューターによる自動審査が導入されています。担当者の意見などが全く反映されないということはありませんが、まずは属性などの各審査項目を点数化しておおまかな審査判断を行うようになっています。これを「スコアリング方式」と呼ぶ方もおられます。

 

中学や高校で勉強した数学の関数を思い出してみましょう。関数のXに数字を入れてYが求められるように、必要な審査項目を入力することで、審査結果が自動的に判断されるようになっています。各審査項目の合計点数で結果が判断されることもあります。例えば「○○点以上で合格!!」という感じです。

 

キャッシング審査で評価される項目は?

ではキャッシングの審査では「どのような項目が評価されるのか?」を考えてみましょう。審査項目には様々なものがありますが、重要視されるのは次の3点です。

 

  1. 年収
  2. まずは「融資可能か?」「いくらまで融資可能か?」を決定する項目が「年収」に大きな影響を与えることが想像できるでしょう。当然年収が高ければ、それだけ返済能力が高いことになり、その分高い評価(点数)を得ることができます。逆に年数が低ければ返済能力にも疑問が残り、その分低い評価(点数)となります。

     

  3. 勤務先・勤続年数
  4. 次に「現在の年収が将来的も問題ないのか?」を確認するために「勤務先」「勤続年数」などが評価を決定することになります。

     

  5. 個人信用情報
  6. 最後に「信用できる人物か?」を判断する材料となるのが「個人信用情報」となります。過去に長期の延滞を発生していたり、自己破産を起こしていると、その分評価も低く(点数が低い、もしくは0点)となります。

 

これらの項目が自分の状況に照らし合わせて問題ない状態であれば、審査に合格できる可能性も高くなるでしょう。

 

審査システムは日々進化している!!

スコアリグシステムの導入により、キャッシングの審査は非常にスピードアップが図られています。さらに個人信用情報を含む情報システムの進化は、さらに審査のスピードと厳密化が向上するようになりました。最近では消費者金融だけでなく、銀行キャッシングでもこのような審査システムが導入されています。

 

利用者側にとっても、インターネットやスマートフォンを利用した審査が素早い判断を得ることができるとあって、利便性も高まっています。必要項目を入力するだけで、ある程度の借入可能金額を算出できる「簡易審査」のシステムも一般的になってきました。

 

今後ともキャッシングの審査では様々なシステムの導入が想像できます。新しいサービスを十分活用できるように、情報を入手して便利にキャッシングを利用していきたいものです。