キャッシング比較

キャッシング審査に不合格とならないために

キャッシングは、審査に合格しなければ利用することはできません。いくら低金利で魅力的な商品を見つけても、審査に合格しなければお金を借りることはできません。

 

キャッシングの審査基準は各社異なっていますので、必ず審査に合格できる方法は無いといえるかもしれません。それでも自ら注意することで、なるべく不合格とならない方法は存在しています。

 

次のようなポイントに注意して、自ら不利とならないように心がけましょう。

 

申込は「まじめに」「正直に」「丁寧に」

申込時に一番陥りやすい失敗が「嘘をついてしまう」ことです。少しでも自分をよく見せたいと考えるため、年収、勤続年数、他社借入などに虚偽を行ってしまうのです。このような嘘は一気に自らの信用度を失う結果となります。

 

審査担当者は金融のプロです。最近ではコンピューターによる自動審査が普及していますが、それでも申込の段階で素人がついた嘘はすぐに見破ることができます。

 

嘘をつく方に対して信用してお金を貸すことはできません。たとえ嘘をつかなくても十分合格できる能力があったとしても、わずかな嘘が致命傷となりますので注意しましょう。

 

手書きの申込では、できるだけ丁寧に記入するようにしましょう。殴り書きのような乱暴な記入内容では、人間性に対しても疑問を持たれることになります。店頭窓口や電話では、服装や言葉遣いにも注意しておきましょう。あまり神経質になる必要はありませんが、ある程度の常識を持って担当者に不快感を与えることのないように注意したいものです。

 

一度にたくさん申し込まない

どうしても借りたい気持ちが強いためでしょうか、一度に何社も申込を掛け持ちされる方がおられます。キャッシングでは、利用実績にかかわらず、申込実績も即座に個人信用情報に記録されます。キャッシングの審査でたくさんの先に申込を行っている事実が確認されると、それだけで審査に不利となる危険があります。

 

  • 「ひょっとしてお金に困っているのではないか」
  • 「一気に借りて逃げてしまうのではないか」

 

このような疑念を持たれると、もはや審査には合格できません。最低でも3ヶ月程度で2~3社にとどめておくようにしましょう。

 

必要以上の金額を申し込まない

「どうせ借りるならできるだけ高額を」

 

このような気持ちで必要以上の高額申込を行うことも避けるべきです。収入に合わない金額を申し込んでも、審査に合格できるわけがありません。返済できない金額を申し込んでも、金銭感覚や経済感覚を問題視されるだけです。

 

そのためにも自分の返済能力を正しく把握しておくことが大切です。現在の収入や支出の状況を正しく判断し、無理のない返済計画のもとで申込を行うようにしましょう。