キャッシング比較

キャッシング審査と在籍確認

「キャッシングを利用したいけど、在籍確認が不安!!」このように感じる方も多いのではないでしょうか。

 

キャッシングの審査では、勤務先に対しての「在籍確認」が行われます。申込書で申告された勤務先に、その方が本当に勤めているかを確認するのが「在籍確認」の目的です。万が一嘘の勤務先や、既に退職した勤務先を申告していた場合、返済にも大きな支障を与える可能性がが高いためです。

 

在籍確認の流れ

在籍確認は、審査担当者が勤務先に電話をかける方法で行われます。これが「在籍確認が不安」と感じる一番の理由となっています。つまり勤務先に電話が入ることで、キャッシングの利用が上司や同僚にばれてしまうと感じてしまうのです。

 

実際の在籍確認の電話は、個人名でかかってき、金融業者名を出すことはまずありません。貸金業法では「第3者に契約(借金)の事実を知らせてはいけない」と明記されていますので、金融業者も最大限の配慮を行ってくれます。

 

具体的には「○○と申しますが、△△様(申込者)をお願い致します」という具合で電話が入ります。この際、申込者が必ず電話に出る必要はありません。たとえ不在でも申込者がその会社に勤務していれば、在籍確認の目的を達成することができるのです。「あいにく△△は外出中です」と同僚が対応しても、何ら問題はありません。申込者が電話に出た場合には、氏名や住所、電話番号などの簡単な確認が行われます。

 

通常在籍確認は審査の最終段階で行われます。金融業者としても、勤務先に電話をかけてまで不合格とする理由がないためです。在籍確認の電話が入ったなら、希望金額かどうかはともかく、まず審査には合格したと考えてよいでしょう。

 

金融業者によっては、在籍確認の電話をかける担当者の性別や年齢などをある程度指定できる先もあります。怪しまれる可能性が高いと感じる方は、申込時に担当者に相談してみましょう。

 

在籍確認が取れないと……

在籍確認が取れなければ、審査でも不合格となることもあります。せっかく収入やその他の審査項目に合格していても、在籍確認で不合格となったのでは非常に残念です。

 

在籍確認で不合格となるケースには、次のようなものがあります。

  • 電話が通じない、誰も出ない。
  • 辞職したと言われる。
  • 申込者の従業員はいないと言われる。
  • よくわからないと言われる。

 

申込時の内容に嘘があった場合は当然、間違いがあった場合でも電話が通じないこともあるでしょうい。従業員が多い会社では、部署の違いで確認が取れないこともありますので、必ず誰がとってもわかる電話番号を申告しておくようにしましょう。アルバイトの方は勤めている先、派遣社員の方は派遣元を申告するようにします。

 

最近では個人情報保護の観点から個人名の電話を取り次がない会社も増えています。条件次第では「社員証・在籍証明書・給与明細」などの確認で在籍確認を行う金融業者もありますので、担当者と相談しておくようにしましょう。